クレジットの無用になった気がする…こういった時にカードの契約解除(けいやくかいじょ)をしてしまいましょう。解説はいらないというのは百も承知ですが、カードの使用取りやめとは皆様が保有している当のクレジットを完全に買い物などのレジで使用出来ない状況にするようなことを言います。ただ今ご覧のページでは不要なカードの使用を取りやめる手段から使用の中止に関する留意点などをわかりやすく解説してみた。この解説を一読してもらえたならば使用の中止をする時の心配をさっぱりと取り除いて心安らかになって頂けると思います。端的に断言してしまうとするならば、不必要なクレジットを機能停止してしまうのはすごくすぐ終わります。「カード会社に一旦加入手続きをしたら、たやすく使用を中止出来ないんじゃあるまいか」……」という思い込みや、「クレジットカードの機能停止の願い出が億劫な感じがする?」と考えてしまう方も多数いるという話だけれども拍子抜けすることにクレカの裏側に印刷してある連絡先に問い合わせをしてクレジットカード使用中止の意思を言うのみであっという間に機能停止ができるのです(ほとんど3分くらいで解約できます)。利用開始する際は考えられない程煩雑だったのに契約解除のやり取りはまさかこれで完了するの?と拍子抜けしてしばし呆然とするかもしれません。嘘偽りなく退会のやり取りは労力なしに完了できるのでしょうか?間違いありません。クレジットの機能停止の仕方は特別な事例を無視すれば、使用中止のための専用の用紙もないばかりかダラダラと申請が長引いてしまうこともないでしょう。間違いなく一度「使用中の●●クレジットサービスを使用中止したいと考えておりますが!」などと電話口のオペレーターに向けて意向を言うことさえすれば大丈夫です。私も過去に10枚以上のクレジットを機能停止するために連絡を取り続けてきましたが、ただの一回も使用不可能化において当惑したことは体験していないためそのような点は忘れて頂きたいものです。知人の口から伝わってきた実話によると機能停止を願い出ようとしたら解約したいわけを差し支えなければ聞いてもいいかと言われる事態があったという話を聞きましたがサービスクオリティの調査の域を出ないものだったらしく、しつこく継続を迫られる手間もほとんどないと聞かせてくれました。もし理由を言わなければいけなくなったとしても焦ることなく『使用する機会が減ったと思ったから』や『他のクレジットカードの方が便利そうなため』と言う具合に伝えればおしまいです