クレジットの無用になりつつある…そういった時はクレジットカードの無効化(むこうか)です。能書きは不要だと思うが、カードの使用取りやめとは利用者が所持しているクレジットカードを再び買い物などに行っても会計出来ない状態に戻してしまうことである。この説明ではクレカの契約解除の手段から無効化上の要点などをすみずみまで詳しく説明して参ります。この文章をざっと把握してもらえれば無効化に際しての心配事をさっぱりとぬぐいさってくれることでしょう。割り切って解説するが、クレカを解約する手段はとてつもなく手間がかかりません。「カード会社にひとたび加入したらすぐに契約解除するのは手間じゃあるまいか」……」といった考えや、「クレジット会社の契約解除の申し込みが煩雑なんじゃないだろうか?」といった具合に思い込んでしまう会員もいるという話だと聞くが、拍子抜けすることにクレカの裏面に記載されている連絡先に連絡をしクレカ契約解除の意向を言うだけであっという間に機能停止ができるのです(わずか3分くらいで解約できます)。クレカを作る際は手間だったというのに無効化の申請は一度の電話で完了するの?などと呆気にとられて固まってしまうかもしれません。嘘偽りなく解約申し込みは簡単なものなのでしょうか?当然です。クレジットの使用中止の事務手続きは例外的な場合を除外すると、解約のための書類も不要な上にダラダラと手続きが続いてしまうようななどという事態もあるとは思えません。間違いなくただ「持っているクレジットを使用不可能化したいと考えておりますが!」などといった風に話している応対者に対してしゃべるようにして頂ければ大丈夫です。事実、私も10枚クレジットカードを契約解除するためにカード会社の社員と話して参りましたがひとたびたりとも無効化でトラブルに陥ったことは普通はないためこの悩みについては必要以上に考えないで結構です。詳しい人より教えてもらった情報では退会を希望したらその事情に関して聞かれるという事例があったという話を聞きましたが、単純に参考意見の調査に類するものだったとのことでしつこく継続を迫られる面倒もないだろうと教えてくれました。万が一理由を説明しなければいけなくなったというケースがあったとしても気を遣わずに『年会費がもったいないから』とか『他社のクレジットカードのDMを読んだらそちらが使い勝手に優れていそうだと考えたから』と言う具合に言えば良いだろう