必要のないクレカは管理が軽くなっていくでしょう:実用していないクレジットという部類は利用しているカードのメンテがアバウトになってしまうなっていく動きがあるリスクが高くなります。扱いがいい加減になれば当然、クレカの運用の現状はチェックしないままになってしまうし場合によりそのクレカをそもそもどの引出しにしまっておいていたのかさえ忘れてしまう事さえ予想できると考えられます。このような状況だと、他者が不正に自分のもののカードを悪用してしまったとしてもその感知が遅れてしまう可能性すらも消せないのです。悪用された後で何十万という通知書が着いた状態になればもう悔やむしかない・・・という風に事態が進まないように工夫するためにもいらないカードは契約解除していくに越したことは無いのです。もっともクレジットカードをよく御存じの人々にかかると『けれども紛失保証が存在するからOKでは』という感じに見受けられる方が多いです。でも盗まれた時は保障には利用できる期限という期日が作られており、保障期限の間じゃないとその保険の活用対象となりようがありません。要するに監視がアバウトになるという事は決められた期間だって放っておいてしまう危険が消し去れないという点があるため気を付ける事が重要なのです。カードの企業からのイメージもよくなくなる>使用者からだけではなしに、クレカの企業の使わない人への心象もよくなくなるという事もある種の欠点だと考えられます。極端な言い方をするならクレジットカードをちゃんと交付しておいたのにもかかわらず一度も使用してもらえないユーザーはカードの事業にとって考えればお客様でなく不必要な費用がかさむ人々に成り下がります。カードの事業に対しての収入をさっぱりもたらさないのにも関わらず維持管理に払わなければ支払いのみは不要なのに費やしてしまう危険が大きいからです。そのような1年通算しても活用してくれないユーザーが、もしクレジットの関連会社の違った類のカードを給付しようとしたとしても、その事業の検討で落とされてしまうのかもしれません。なにせカードローンの企業の思考から考えると『結局再び支給してあげたところで運用しないだろう』という風に見受けられてしまってもしかたないのだ、となるでしょう。やっぱりそう考えるのではなく運用しないのなら使わないでちゃんとクレカを契約変更する利用者の存在の方がクレジットカードの事業からすると役立つという根拠から、活用しないクレカ解除は是が非でも積極的にやっていただきたいと思っています