クレジットカードの没収という手続き、名の通りクレジットを退会(停止)させられてしまうことです。強制失効されると当然の話ですがクレジットについてはその時からは、何をしても使えなくなる。強制没収させられるパターンは色々→クレカを理由を問わず失効扱いとなってしまうパターンは色々です。一般的には日常の購買にて利用する等特段の事情なくクレカを切っている限りでは、みなさんが失効させられてしまうパターンというものは十中八九ないので心配しないで頂きたいですが強制没収となるかもしれないケースについて記憶しておくことができればクレカがなお安全に使用できる形になると思われるため以下の文章ではパターンの具体的な話をピックアップして記述できたらと思う。兎にも角にも言えることはクレジットカード発行会社から信用がなくなるような愚行をすることであったりカード会社への損失となってしまうような取引をせずにいれば絶対に強制退会となるようなことはないと言えます。安心して使用することが一番であるためこれまでそのような対応をとった経験のある方はこれからはしっかり綺麗なデータにするように心がけて頂きたく思います。そもそもクレジットカードの料金を返さない>これは全く論ずるまでもない話であるのですがクレカで決済した代金をクレジットの会社に支払いしない費用の不払いをしてしまう、常日頃から金欠が原因で費用の返済に困るなどという時は、絶対に強制失効させられるようになります。もともとはクレジットカードの発行会社は信用しているからクレジットを契約しているのであり、ユーザーが弁済をしない以上はそこまでの信用は全部壊れてしまうことになるでしょう。クレカを使用不可にすることでそれ以上の損失を止める処置をしなければいけないから、強制失効になってしまいます。