換金目的にて電車等の切符の類を大量に購買してしまうこと・・・クレジットカードのキャッシュ化サービスというもの使用しないで自分が現金化する目的にてクレジットで決済をすることも同じと言えます。お金に変えることを狙っているカードの使用というのは、クレジットのカード規約違反扱いとなってしまうからです。複数枚の電車の旅券・切手購入においてのクレジットカード利用というものは、現金化が目的なのではないか??という風に目をつけられてしまうケースなども考え得るので十分気をつけることが必要なのです。付け加えると、すでにキャシング利用可能枠の方が限度となっている場合では、列車等の旅券などを購入することにトライするだけでクレジットの会社の方から電話が来てしまうケースもあるからお金がない時のカード払いは不可とされてしまうようです。お金に余裕が無い際にする方法は誰でも、同じようなことであるのです。カードの発行会社に芳しくない利用の仕方をしてしまうこと》だいぶ前に流行った『永久不滅』というような、発行会社にとって少しも利益となることのない規約に反した利用をすると、クレジット会社によって強制退会という処理がされることなども存在します。インターネットで話題になっていた決済ポイントの不正な搾取というような流通していない手段などというものが存在したとしてもこれらのやり方というのは間違えなくカードの規定に反する行為となるから絶対使わないようにして欲しい。没収させたられてしまったカード情報は流通する》クレカを強制失効させられてしまったとしても他の会社のクレカであれば利用可能から、少しならば良いだろう?という風に考える人は、この時代の情報化社会にあってはその考えが身を滅ぼすことになる危険性があるでしょう。なぜならば、まず強制没収させられてしまう事例になるとクレジットカードの発行会社各社が問い合わせ出来てしまう信用情報機関というものに強制退会の情報が更新されてしまうことにより、登録された人の信用情報というものはなくなる事例があるのです。所有しているただの1枚であってもカードを強制没収扱いとなると、それ以降クレカでさえも審査に通らなくなるし、最悪の場合使っているクレジットカードまで強制退会させられてしまうこともなくはないのです。強制退会されずに使い続けられる場合でも更新を迎えると継続できなくなると思われる。兎にも角にも何度も何度も記載していますが強制退会という扱いになってしまう使い方は絶対することがないように規約に則ってカードをご使用頂きたいと願います。