遠まわしに使うクレジットカードのやり方は簡明です。クレジットカードを経由してダイレクトに購入できない物品をそのまま買うという方法ではなく遠まわしに注文した方がいいのです。概略が明快なのでまずはある商品券の事例を見ながら述べてみようと思います。例になる人物が有名な銘柄のコートを手に入れたいと迷って立ち止まっています。買いたいバックを扱っているお店では買いたくてもクレジット払いができじないとします。。一方JCB、American Express、NICOSなどの券を利用すれば支払いを許容してくれるようです。なので人物はカードで券を買い取りする事が可能なギフト券のを売っている場所に行きクレジットカードを使用してJCB、American Express、NICOSなどの商品券を買い取りするとします。そしてそのカードを活用して買ったVISA、MasterCard、NICOSなどの券をショップに携えて足を運び求めていた有名な銘柄のコートを買ったとします。「一体どうして人物はそういった負担のかかる事をしているのでしょう?」と疑問に思う可能性があるかもしれませんが実のところ先ほど示した手段を利用するのだったら通常だと貯まることのないクレジットカードポイントがもらえます。お金を支払って素晴らしいバックを買い取りしたりした時でもキャッシングポイントは貯まりませんしNICOSなどの商品券を直接お金で注文後に用いてもポイントは得られません。けれども今話した例だとDiners clubなどの券をカードで購入したため、有名な銘柄のアクセサリーを買い取りした場合とつりあう量のクレジットポイントがゲットできる事になるのです。これが直接商品を買わずにクレジットを利用した事になっているという根拠により直接でないクレジットと銘打たれている進め方です。