自分がアルバイトをするときに考慮する点は、自給と仕事内容に伴うメリットですが、たとえ自給がそれほど高くなくても、アルバイトが多くのメリットを提供してくれることがあります。

自分は以前にベーカリーでアルバイトをしたことがありますが、失敗作を工場の横に設置されている食堂で食べることが出来ました。

かなり高級なものが多く、店頭で買うことなで出来ないようなものでしたので、このアルバイトのおかげで非常に良い思いをすることが出来ました。

また食品倉庫で働いていたときは、パッケージに傷みがあるものや、何らかの理由で商品として扱うことが出来ないものを安く購入することが出来ました。

これも非常に大きなメリットで、このシステムのおかげでかなり食費を節約することが出来ました。

こうしたメリットを上手に活かすことで、生活コストを引き下げることが可能となります。

特に地方の大学に通う大学生などはこのようなことを念頭に置いてアルバイトを探すなら、上手に生活することが出来るかもしれません。